「天使の寝息」でうるさいイビキが改善されました
*

子供のいびき

Pocket

子供のいびき

子供のいびき
 
 子供は基本的にいびきをかかないと言われています。
子供がいびきをかいている場合でも、寝息が大きい程度のいびきであれば心配はいりませんが、大人並みの大きないびきを立てている場合は注意が必要です。
 
 大人のいびきは「睡眠時無呼吸症候群」との関係が知られていますが、子供のいびきも病気と関係がある場合があります。

 

子供のいびきの原因

 

アレルギー性鼻炎などが原因の鼻づまり

 子供のいびきの原因として一番多いのが鼻炎などが原因の鼻づまりです。
子供は鼻炎を起こしやすく、その結果よく鼻づまりを起こします。鼻がつまっていると口呼吸になってしまうためいびきをかきやすくなります。

 

扁桃腺肥大

 子供が風邪をひくと、喉の手前の左右の少し盛り上がった場所(扁桃)が赤く腫れる場合があります。一般的に「扁桃炎」と言われていますが、扁桃腺が腫れてしまうと気道が狭くなってしまうためいびきの原因となります。

 

アデノイド(咽頭扁桃)肥大

扁桃腺とアデノイド
 
 アデノイドとは鼻の奥にある咽頭扁桃のことです。アデノイドが肥大すると気道が狭くなってしまいいびきの原因になります。
アデノイド肥大はこども特有の病気で、2~5歳頃に最も大きくなりますが、通常は思春期には小さくなります。

 

 いずれの場合も「睡眠時無呼吸症候群」になっている場合には早急に治療が必要なので、病院を受診することが大切ですようにして下さい。